多くの女性医師が経験する結婚


結婚を経験する女性医師は少なくありません。
しかし、医師の仕事との両立が難しい場合も珍しくはないでしょう。
働く診療科によっては、夜勤・当直やオンコールなどに左右され、家庭や育児に支障をきたしてしまうおそれもあります。

そのため、結婚をきっかけに転職を決断する女性医師も多いのです。
より負担が少なく、夜勤やオンコールがない診療科を選べば、仕事と家庭を両立させることも可能です。

 

女性の一大イベント出産


女性にとって、出産は人生における一大イベントと言えます。
出産を機に仕事を辞める女性は少なくありませんが、医師の仕事を続けたいなら転職も視野に入るでしょう。
意外にも出産は転職を検討する最適なタイミングなのです。

もちろん育児のことも考えなくてはいけません。
場合によってはブランクが空きますが、現在は公的なものも含めて様々な復職・転職支援プログラムが用意されており、ブランクを気にする必要が無くなってきています。
出産後は一時的に休職が欠かせませんが、思い切って転職を決断するのも一つの手段と言えるでしょう。

研修後に科目を変えるケースも


医師になると、一定期間は研修医として働くことになります。
研修が無事終われば一人前の医師として認められるわけですが、研修後に転職をするケースも決して珍しくはありません。
医師は前期・後期合わせて5年ほどの研修を受けるため、転職も検討の余地はあります。

しかし、研修前後で転職をする場合はデメリットも考慮しなくてはいけません。
特に気を付けたいのが経験です。
医師としての臨床経験などが少ないと、応募先の医療機関のニーズに合致せず、採用を見送られる可能性もあります。
また、採用されても再び研修がありますので、研修後すぐの転職はリスクを伴うでしょう。

子供が就学する時も転職する医師は多い


女性医師の場合、子供の就学に合わせて転職するケースもあります。
子供が小学校などに進学すると、今まで以上に忙しくなりますので、転職を決断する方も多いです。
学校の行事への参加なども考慮すると、適切なタイミングとも言えるでしょう。

就学をきっかけに転職する場合は、QOLを重視した診療科や当直・オンコールが皆無の診療科を選ぶ必要があります。
ただし、準備をせずに転職すると失敗のおそれが高まるため、時間をかけて転職・転科先を慎重に選ぶ事が重要でしょう。

  • 1