求人に募集する前に! 女性医師の現状をチェック

女性医師は年々増加している


医療現場では女性の活躍も目立ちます。
特に年々増加傾向にあるのが女性医師で、積極的に登用している医療機関も少なくはありません。
現在は日本全体が女性の働きやすい環境整備を行っていますが、医療業界は少しずつ改革が進んでおり、女性も働きやすくなっていることが背景にあります。

ライフワークバランスを取りやすい診療科や、QOLを意識した診療科も多く、転科や転職によってライフスタイルを変えることも難しくはありません。
女性でも家庭・仕事の両立を目指せるため、場合によっては転科や転職も視野に入るでしょう。

6割近くの女性医師が転職を経験している


今や転職は珍しくありませんが、転職する方の多くは男性です。
女性の場合、結婚や出産をきっかけに退職するケースが多く、日本全体で見ると少ないのが実情です。
しかし、医師に限ってはこれが当てはまらず、医師の転職も積極的に行われています。

医師として活躍する女性は少なくありませんが、その6割近くが転職を経験していると言われています。
つまり転職が当たり前になっており、そのまま働き続ける女性医師のほうが少ないと考えられるのです。逆に言えば、女性医師は常に転職するチャンスがあるということ。
転職理由は人それぞれですが、例えば働き方を変えたい、プライベートを楽しみたいと思うようになったら、転職や転科を考えてみると良いでしょう。

託児所などの受け入れ態勢がまだまだ整っていない


一方、転職を経験する女性医師が多いのが実情でも、まだ最適な環境が整っているとは言い切れません。
特に気を付けなければいけないのは、託児所や一時保育施設などの整備が追いついていない点です。
子育て中の方や、今後予定されている方にとっては、少々厳しい側面もあるでしょう。

医療機関によっては託児所などを併設している場合もあります。
しかし、受け入れ体制が整っているとは限らず、地域や医療機関ごとに異なるのが実情です。

求人に対しての需要と供給が見合っていない場合がある


診療科ごとに求人数にばらつきがある点も考慮しなくてはいけないでしょう。
例えば内科や外科は求人数が多く、全国的に医師が不足しており、常に募集されています。
一方で放射線科のように求人数そのものが少ない診療科もあります。
医師のニーズと供給のバランスが取れていない診療科は意外に多いため、転職・転科の際は診療科選びに慎重な判断が必須です。

また、女性の場合はQOLを意識する必要があります。
転職や転科を検討する際は、QOLと需給のバランスが取れているか、仕事と家庭が両立できるかなどを一度考えてみましょう。

女性医師に対して就業支援対策を行っている都道府県


しかし、都道府県が独自に女性医師の就業支援事業を行っていたり、バックアップ体制を整えていることもあります。
研修や求人の斡旋など、様々な支援を受けられるのが魅力です。

現在、女性の復職支援などはほぼ全ての都道府県で実施されておいます。
例えば北海道では、北海道医師会が女性医師の支援相談窓口を開設しており、埼玉県には女性医師の復職などを支援するセンターがあります。

このように、都道府県単位で見ると、女性医師の転職を支援する体制は整っています。
一度お住まいの地域の就労・復職支援事業を確認してみると良いでしょう。